お得&節約

楽天カード/公共料金のポイント引き下げを回避できる方法や裏技は?

 

こんにちは、aricoです。

多くの方が持っているであろう楽天カード、我が家ももちろん楽天カードユーザーで夫婦で3枚の楽天カードを使い分けています。

 

そんな楽天カードが3月1日に公共料金などの利用獲得ポイントを現在の100円で1ポイントから、2021年6月1日(火)から500円で1ポイントに1/5に引き下げると発表しました。

 

公共料金のように、何があろうと毎月必ず引き落とされる固定費に対して付与されるポイントって、めちゃくちゃ大きいですよね。

 

今回ポイントの引き下げ対象になるのはこちら

・公共料金(電気・ガス・水道)
・税金(自動車税・固定資産税・住民税・贈与税ほか)
・国民年金保険料
・Yahoo!公共料金
※引用:https://www.rakuten-card.co.jp/point/pointrate/

どれも私たちの生活に密着した、そしてかなりの金額を要するものばかり。

これに対するポイントがこれまでの5分の一になるなんて、ちょっと暴れたくなりますよね。。

 

我が家の根本的な家計管理は旦那様が担当なのですが、このニュースを聞いた途端に何とかそれを回避できる方法や抜け道・裏技が無いか?めちゃくちゃ調べていました。

 

私はこういう事にはすごく疎くて、お得な情報が発信できるタイプでは無いのですが、旦那様は職業柄もありとにかく調べ尽くさないと気が済まないタイプ。

 

その知らべ尽くすテクニックと情報を処理する力は相当なもので、毎回あっぱれとしか言いようが無い程なんです。

私はその恩恵をめちゃくちゃ受けているだけの立場・・(笑)

 

今回も知らべ尽くして、楽天ポイントが従来通りポイント1%還元のままに出来る方法を見つけたので、私のブログで紹介したいと思います。

 

楽天カード/公共料金のポイント引き下げを回避できる方法はある?

従来の五分の一になってしまう、公共料金の支払いに付与されるポイント。それを回避できる方法が、支払うカードを楽天カードから楽天銀行デビットカードに切り替える方法です。

そもそもデビットカードって何?と言う方も居らしゃるかもしれませんが、デビットカードは

デビットカードとは

デビットカードは使ったその場で、口座の普通預金から即時、代金が引き落とされるシステムです。

買い物に行って手元の現金では足りない場合などは、デビットカードがあればいちいちATMに行く必要がありません。

 

また、クレジットカードのように忘れた頃に銀行から引き落とされてショックを受けたりすることがありません。(笑)

利用したその時に銀行口座から買い物した代金が落ちるので、管理がしやすいのが特徴。私も楽天銀行デビットカードとは別にゆうちょ銀行のデビットカードを持っています。

 

少し話がそれましたが、楽天銀行デビットカードを作るには、楽天銀行に新しく口座を作り、そのキャッシュカードにデビットカード機能が付いています。

 

もちろん楽天銀行デビットカードは現時点では従来通り100円ごとの利用に1ポイントという還元率です。年会費も下記の3種類であれば永年無料です。

楽天銀行ベーシックデビットカード(VISA)

年会費は永年無料
ポイントは100円ごとに1ポイント

楽天銀行パンダデビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)

 

デビットカードで公共料金等を支払う場合は、口座の残高に注意して下さいね。

楽天側がこの抜け道に気付いて、還元率を減らす可能性は十分に考えられますが、現時点では有効な手段だと思います。

 

新規に口座を開いて楽天銀行デビットカードに紐づけするのはちょっと面倒かもしれませんが、こういう手続きを面倒臭がらずにすることが、お得の第一歩!

サクッと済ませてみませんか?

 

\ Blog Ranking /


にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ
PVアクセスランキング にほんブログ村